• イシヤマ 株式会社

『塩害によるドア、サッシの被害』

最終更新: 7月13日


こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の(株)イシヤマです。


先日、海沿いのマンションの玄関ドアの改修をさせていただきました。目と鼻の先の距離に海が広がっているのですが、最高のロケーションとは別に、海の近くならではの建物の被害が出ていました。


塩分を含んだ潮風によって、建物が傷んでいまう『塩害』という現象で、弊社が扱っている、ドアやサッシなども長年塩分にさらされていると、腐食やサビの原因となって開閉の不具合や最悪のケースではドアやサッシが外れてしまうような可能性もあります。


事実、改修させていただいたマンションの玄関ドアも複数枚、サビにより開閉ができなくなっていました。


今回はそういったことも考慮して、塩害に強いタイプのドアを採用して改修させていただいたのでしばらくは不自由なく使用していただけるかと思います。

各メーカー、塩害地域に特化した商品もいくつか出していますので、海の近くにお住まいで窓やドアが塩害による被害で不具合を起こしているのであれば早めの改修をおすすめします。


塩害によるドアやサッシのご相談もお気軽にお問い合わせください。



【関連記事】

海沿いのマンションの玄関ドアの交換


【関連動画】


【21】海沿いの玄関ドアをカバー工法で改修

2回の閲覧0件のコメント