• イシヤマ 株式会社

[184]鉄のドアをアルミのドアに改修


①こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の(株)イシヤマです。 今回はこちらの建物の出入り口の扉が閉まらなくなってしまっていることから改修させていただきました。 写真だとわかりづらいですが、ドアは鉄製で、丁番の溶接部分が錆びて腐食が進行していたため、ドアが閉まらない状態になっています。 ドア本体部分を撤去して、今度はアルミ製のドアに改修する提案をいたしました。




②まずは古いドア本体を撤去していきます。




③ドア本体を撤去したら溶接部が錆びてしまっていた丁番をカットしていきます。




④丁番のカットが終わったら、新しいアルミ製の枠をはめ込んでいきます。




⑤建付けなどの調整をしたらビスで固定していきます。




⑥枠の設置のあと、今度はアルミ製のドアを吊り込んでいきます。




⑦今回は枠まわりの隙間が広いため、はじめにコーキング処理をしてから目板とよばれるアルミ製の板をかぶせて見た目の仕上げを行っていきます。




⑧コーキング処理のあと、目板を設置するための下地材をビス止めしていきます。




⑨最後に目板をかぶせて、動作確認をしたら完成です。 見た目の違和感はほとんどなしで軽量化と耐久性がアップしました。 今回のケースのように条件が合えば #鉄製ドア からアルミ製のドアに改修することは可能です。 現在使用しているドアが鉄製で重い、動きが悪い、閉まらないといった症状がでているようでしたらアルミ製に改修することで問題は解消されます。 鉄製ドア、アルミ製ドアのご相談もお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:54回0件のコメント