• イシヤマ 株式会社

オートロック式ドアの交換


①こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の(株)イシヤマです。 今回はこちらのマンションのエントランスドアです。 ドアの重み、枠の歪みからドアがきっちりと閉まらない状態でした。 オートロック式なのでドアが閉まらないということはエントランスの防犯が機能していない・・・という状態です。 幅を数ミリ小さく作り、曲がった丁番を付け替えるご提案をさせていただきました。




②まずは既存のドアの金具を外しドアを撤去していきます。




③今回のドアはオートロック式なので電子錠の業者さんに一度内部の装置を断線してもらいます。




④オートロックの断線が済んだらドアを外します。古いステンレスドアのせいかかなりの重量でした。




⑤既存のドアと新規のドア(白いのは養生のシートです)を並べて同じ位置に丁番の穴加工を施していきます。




⑥新しくあけた穴に丁番を設置していきます。




⑦丁番を設置したら新しいドアを吊り込んでいきます。




⑧既存のドアからオートロック錠、シリンダーを移植していきます。




⑨最後にドアクローザー、把手を設置して開閉のスピードを調整していきます。




⑩オートロックの作動確認をして完了です。 マンション、ビルなどのオートロック式のエントランスドアが経年劣化や歪み、倒れなどでうまく閉まらない、ロックが感知しないというお問い合わせが多くあります。 ドアの調整で直る場合もありますが、使用年数の長いドアになると歪んだままの癖がついてしまっていたり、よじれが出ていることがほとんどです。 防犯の観点からもオートロックが作動しないのでは意味がありません。早めの交換、修理をお勧めいたします。 オートロック式ドアの交換、修理もお気軽にお問い合わせください。

©2019 by イシヤマ. Proudly created with Wix.com