• イシヤマ 株式会社

エントランスドアの交換をして安全な出入りを 


①こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の株式会社イシヤマです。 今回はこちらのエントランスドアの開閉に不具合があるとのことで交換させていただきました。




②引きの写真ではわかりづらいですが、ドアの上部に十分な隙間が確保できておらず、ドアが枠に擦れてしまい、開閉に不具合が出ているようでした。 要因の断定はできませんが、寸法を確認すると枠に対してドアが少し大きいようで、経年劣化からくる歪みやや埋設しているフロアヒンジの腐食によりドアが押し上げられ、このような状態になっているという推測です。




③こちらは下部に埋設されたフロアヒンジという開閉スピード制御する装置ですが、油圧のオイルが染み出て機能していない状態です。




④まずは古いドアを撤去していきます。




⑤ドアを撤去したら、腐食したフロアヒンジのまわりにカッターを入れていきます。




⑥カッターを入れたら、今度はハンマードリルでまわりを壊していきます。




⑦こちらが新しいフロアヒンジです。 これを埋設して、隙間をモルタル処理していきます。




⑧モルタル処理まが終わったら、新しいドアを吊り込んでいきます。ドアのフレームが白いのは養生シートが貼っている為です。




⑨今回は費用を抑えたいとのことでしたので、ハンドルは古いものを再利用して取付けていきます。 余談ですが、このハンドルもステンレス製の為、結構高いんです。




⑩養生を剥がしてクリーニングをし、開閉スピード調整したら完了です。 見た目の変化はわかりづらいですが、ドアと枠の間も適正な隙間が確保できていて開閉のスピードも通常になったことで、またしばらくは安全に使用していただけると思ういます。 どうしても開閉頻度が高いエントランスドアですが、多数の方が出入りするのもあり不具合は早めに解消することが安全につながります。 #エントランスドア のご相談もお気軽にお問い合わせください。

最新記事

すべて表示