• イシヤマ 株式会社

[195]『窓からマンションの価値を守る』


こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の(株)イシヤマです。


今回は今年4月からスタートしたマンションの管理について評価する制度、「管理計画認定制度」と「マンション管理適正評価制度」についてです。

どちらの制度も始まったばかりでまだまだ浸透されていないものではありますが、今後の取り組み次第でマンションの価値が大きく左右される内容になっています。


各制度の要件に沿ってマンションの評価が可視化されることもあり、所有しているマンションの管理状態がそのまま価値につながるという点において、売却する際の査定に大きく影響すると考えられています。


平たく言えば、しっかりと管理されているマンションにおいては人気が維持されるということになり、管理されていないマンションは人気が下落するという傾向が想像で出来ます。今後、購入を検討している人にとっての評価につながるため、無視できない制度だと言えるでしょう。


購入を検討している人にとっては住む前から管理状態などを把握する材料になる一方で、マンション側は管理体制や修繕計画などの見直しが、今後の価値を維持する重要な点となります。


弊社がお付き合いしているマンションにおいても、老朽化が進んで不具合を起こしている窓や玄関ドアなどを改修することで価値を維持、または向上することを検討されている管理組合様が多いようです。


補助金などをうまく活用すれば、かなりのコストダウンも見込めることもあり、ご相談の問い合わせが増えています。


これからのマンションの価値を守るため、窓や玄関ドアの改修も視野に入れてみてはいかがでしょうか。



閲覧数:12回0件のコメント