• イシヤマ 株式会社

『マンションの窓をカバー工法で新しく』

最終更新: 6月9日


こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の(株)イシヤマです。 今回はマンションの窓に関するお話です。 今年に入り以前、関わらせていただいたマンションの管理組合様から窓に関するご相談を立て続けにうけています。 大体が築40年程度のマンションで大規模改修工事も外壁の塗装や防水、その他の項目が済んでいる状態で、いよいよ毎日の生活に欠かせない窓や玄関ドアの不具合が目立ってきたようです。 窓が重たい、隙間風が寒い、台風時に漏水がある、鍵がかかりづらいなど症状は様々ですが一言で言ってしまえば老朽化からくる経年劣化となります。そろそろ今のサッシの寿命が近いということです。部品の交換や調整などである程度は解消されますが根本的な解決には至りません。 いずれ交換しなくてはいけないのですから、この際サッシを新しくして快適なお部屋にリニューアルすることをおすすめします。 実際に窓の改修を実施したマンションさんからの声で一番多いのは『窓が軽くなり空気の入れ替えを頻繁にするようになった、気分が上がった』という声です。 普段あまり意識されていない窓ですが、触る頻度も高いことから日々小さなストレスが蓄積されているようです。窓を変えるだけでこんなにも気分が変わるのか、と実感され喜ばれるケースが増えています。 ペアガラスによる防音、断熱効果により静かで快適な温度のお部屋で過ごせるのも大きなメリットですね。 工事自体も1世帯(窓数にもよりますが)おおよそ1日で完了しますので日常生活に支障をきたすことなく改修できます。 エリアによって国や各自治体からの補助金を利用することもできるかもしれませんので確認してみてはいかがでしょうか。 マンションの窓や玄関ドアの改修工事のご相談もお気軽にお問い合わせください。 #カバー工法

©2019 by イシヤマ. Proudly created with Wix.com