• イシヤマ 株式会社

『マンション、ビルの台風シーズンへの備え』


こんにちは!川崎市宮前区のガラス・サッシ屋の(株)イシヤマです。


暑かった8月が終わり、今のところ控えめな残暑の9月に入りましたが、この時期になると心配になるのが「 #台風 」ですよね。


記憶に新しいのは2018年、2019年に関東地方にも甚大な影響を与えた大型台風ではないでしょうか。どちらの年の台風も夜中を中心に関東地方を通り過ぎ、朝には目を疑うような光景だったことを思い出します。お問い合わせの電話は鳴りっぱなし、メールでの問い合わせも随分いただきました。


その際に現地で確認した状況から、マンション、ビルについてはやはり開口部の可動するドアや引戸などに損害が出ているケースが大変多く見られました。

交換の工事を判断させていただいたものは接合部などに錆や腐食の進行が見られるものがほとんどで、ひどいケースになるとドアそのものが吹き飛んでしまったなんてこともありました。

たまたま吹き飛んでしまったドアによる事故は起きませんでしたが、人の往来がある時間帯やエリアなら取り返しのつかない事態になりかねません。


この台風シーズン到来前に、鉄やアルミなどのドアの動きはグラついていないか、接合部が傷んでいないか、事前にチェックしてみて下さい。簡単な修理で改善できる場合もありますし、先述したドアのように吹き飛んでしまう前に交換してしまうことも大事故につながることを防ぐ備えになります。


いずれの場合のご相談も早めがお勧めです。いつでもお気軽にお問い合わせください。


【関連記事リンク集】

3回の閲覧0件のコメント